我々には『緑』しかないっ!

アクセスカウンタ

zoom RSS グラチャンを振り返って。

<<   作成日時 : 2008/11/03 10:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あらためまして、ガイナーズファンの皆様、二年連続独立リーグ日本一おめでとうございました。それにしても最後までドキドキハラハラの胃に悪い展開でしたね。ホームで2連勝と王手をかけたものの、ビジターの富山に乗り込んでからは、天候にも恵まれず、本当に苦しい戦いだったと思います。けれども西田監督のコメントにもあったように「最後は守備力と経験の差が出た」のだと思います。

短期決戦はピッチャーのその日の調子次第で、どちらに転んでもおかしくないとは思っていましたが、このグラチャンでは両チームの投手陣が持ち味を発揮して、どの試合も投手戦という感じでしたね。ガイナーズとしては自慢の打撃でもっと投手陣を援護したかったはずでしょうが、富山の田中投手をはじめ完全に封じこめられてしまいましたね。それにしても第1戦から第4戦までで長打が1本も出ていなかったとは・・・・・・。あと守備も正直ガイナーズらしくない守備が・・・・・・。とくに第3戦は、記録にあらわれなかったエラーも多く、ため息ばかりが出てしまいました。

マイナスの面はこれくらいにして、とにかく2年連続でグラチャンを制したことは事実です。苦戦しましたが、その栄光をたたえたいと思います。本当におめでとう、そして我々ファンに感動をありがとう。来年は関西リーグも発足しますし、グラチャンがどういう形で継続されるかまだ分かりませんが、王者・ガイナーズであり続けてほしいと思います。


また、試合も勿論なのですが、我々応援団としては、やはり普段は対戦しない相手チームの応援団というのがとても気になるものなんです。昨年は石川MSの応援団の応援に刺激を受けましたが、今年も富山サンダ―バーズ・雷鳥応援団さんの応援に刺激を受けました。雷鳥さんのトランペットは全国レベルのブラス経験者がされていたのですが、上には上がいるなと認識させられ、来期以降我々ガイナマイツももっとレベルを上げて行かねばと決意を新たにさせられました。また、スタンド以外でも雷鳥応援団さんと交流する場を持てて、有意義な時間を過ごすことができました。今後のガイナマイツに活かせていくと同時に、同じ独立リーグを愛するもの同士、今後もそれぞれのリーグを盛り上げていけたらと思いました。


最後になりましたが、このグラチャン、雨天中止もあり、優勝の瞬間を現地で見届けることが出来ませんでした。最後第5戦まで現地で応援していただいた皆様、本当にありがとうございました。きっと数少ない歴史的瞬間の目撃者となったんでしょうね。。。うらやましい。。。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
グラチャンを振り返って。 我々には『緑』しかないっ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる